Kazama-World.com
Kazama-World.com 2004 Dakar Challenge Machine Message&BBS
TITLE IMAGE
「冒険の扉を開くのは君だ。望むなら連れていこう」
(ティエリー・サビーヌ)

2004ダカールの見どころ

 2004年1月1日 オーベルニュの特設会場で行われるプロローグランでレースはスタート。エントラントは、そのまま地中海沿岸のナルボンヌまで移動する。

 ナルボンヌからカステロンを経由して、モロッコのタンジールへ。いよいよここからアフリカステージがスタートする。

 アフリカステージの序盤は、ガレ場と砂丘が交錯するピスト。エントラントは過酷なレースの洗礼を受ける。そして、中盤は連続する砂丘を越えていく超ロングステージ。1000kmを越えるSSが待ち受ける。

 モーリタニア、マリ、ブルキナファソと三つの国を結んで周回する後半は、砂丘、砂とブッシュに埋もれた古代のピスト、ほっとさせる疎林、そしてブラックアフリカの古都と、変化に富んだ景色の中を通り過ぎていく。

 数々の困難を切り抜けたエントラントを待ち受けるのは、ダカールの青い海。ラックローズの海岸でのウイニングランを走るエントラントは、すべてがこの冒険の勝者となる。

 

2004ダカール・TV放映予定
●1月4日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・BSi(18-19時)
●1月5日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月6日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・ニュースステーション(テレビ朝日)
●1月7日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月8日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月9日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・ニュースプラス1(NTV)
●1月10日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月11日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・BSi(18-19時)
●1月12日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月13日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・ニュースステーション(テレビ朝日)
●1月14日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月15日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月16日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・ニュースステーション(テレビ朝日)
●1月17日
 ・激スポ!(テレビ東京)
●1月18日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・BSi(24:30-25:30)
●1月19日
 ・激スポ!(テレビ東京)
 ・ニュースステーション(テレビ朝日)
 ・ニュースプラス1(NTV)
●1月25日
 ・BSi(18-19時)

__________|

1978年12月26日パリ・シャイヨー宮前広場
 「冒険の扉を開くのは君だ。望むなら連れて行こう」伝説の男、ティエリー・サビーヌの呼びかけに応じたドライバー、ライダーたちが、1万kmにも及ぶ未曾有の冒険の旅に出発した。

 第一回パリ=ダカールラリー。そのスケールも型破りなら、コースの過酷さも前代未聞のものだった。

 厳寒のヨーロッパを縦断し、地中海へ。フェリーでアフリカ大陸へ渡ると、広漠たるサハラ砂漠が待ち受ける。高さ100mにもなる砂丘群が地平線の彼方まで続く。砂丘のスケールに圧倒されてスロットルを緩めれば、たちどころに砂地獄に飲み込まれる。一方、運良く砂丘を登りきっても、その先に逆落としの絶壁が待ち受ける。

 ある場所では、悪夢を具現したような奇怪な岩山が果てしなく続く。ここでは、鋭い角を持つ岩石がタイヤを切り刻む。慎重に、かつ大胆に切り抜けなければならないライダーやドライバーの神経までもすり減らす。

 昼は摂氏40℃以上、日が落ちると一気に氷点下まで空気が冷え込む。ただでさえ体力を奪う気候の中で、ライダーは己の身を晒し、持てる体力と気力を振り絞って前進する。

 世界一過酷なレース「パリダカ」は、今回で26回を数える。その長い歴史の中で、数々のドラマが生まれ、幾多の英雄が生み出され、また多くの冒険者がアフリカの大地に散っていった。その中には、このラリーの生みの親、ティエリー・サビーヌ本人も含まれる。

 何故、そんな過酷なレースが冒険者の心を捕えて離さないのか? それは、風間が22年前のレースから戻ってから回想した言葉が端的に物語っている。

「砂漠って、砂と太陽の二つしかないわけ。簡単なんだよ。地球儀見るより、もっとリアルに太陽と陸地の関係を見ちゃうわけだ。その中にポツンと自分がいる。果てしなくシンプルだよね。そういう世界に惚れちゃった人は、必ず砂漠に呼び戻される....」

_____________|
























 


HOME I 2004 Dakar I Challenge I Machine I Message & BBS


風間深志事務所
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区
吉敷町1-135アライビル10F
TEL:048-644-5246 FAX:048-644-5264
E-mail: master@kazama-world.com

Copyright (c) kazama-World Dakar Challenge Project. All rights reserved.
This site produced by DCL & ProduceAD.

Privacy Policy I Contact us